​工場の設備と立地

​工場の立地
23区内という利点

町工場が多い東京の下町。住宅街にありながら、工場前の道路は大型のチャータートラックも横付けできるほどの広さ。首都高の入り口もほど近い恵まれた立地。鉄筋3階建ての本社ビル(写真左奥)、隣接した2階建ての第2ビル(写真左手前)。限られた面積を有効に使い、面積あたりの生産能力は非常に高い。屋根に太陽光発電パネルを装備し、環境への配慮にも努めています。

製版設備
Tシャツに特化したシルクスクリーン製版

・Mac Pro 3機

・Adobe Creative Cloud完全対応

・OYO LIBERATOR XE 1812 サーマルイメージセッター 

 最大出力サイズ W450mm×H∞(枠サイズに合わせた長尺出力が可能)

・特注の乾燥機 2台

​・3000Wの露光機

プリント設備
​成長を続けるプリント工場

・回転台 ホプキンス 6色機

・TAS1号機 10色オートプリンター

・TAS2号機 8色オートプリンター

・TAS3号機 12色オートプリンター

・TAS4号機 8色オートプリンター

・TAS5号機 8色オートプリンター

・コンベア式乾燥機 4台

・長台① 80面

・長台② 80面

・自走式温風乾燥機 8台(長台に付属)

・kornit Digital社 Avalanche951 インクジェットガーメントプリンター 1台

​・kornit Digital社 StormHEXA インクジェットガーメントプリンター 1台

・コンベア式ガス温風乾燥機 1台

Wi-Fi完備

・各部署にiPhone、iPad支給

 
新工場・新設備 ROQ HYBRID
IMG_5127.HEIC
IMG_0040.JPG
8CE7D63C-D5C3-4A49-9C11-D8B7972A0E5F.JPG
IMG_0063_edited.jpg
IMG_0288.jpg
​シルクの強さとインクジェットの表現力

2019年末より本社、第2ビルの裏に新工場を設立。

ここに、水性プリント対応オーバル型自動機とインクジェットガーメントプリンターを組み合わせた大型新設備「ROQ HYBRID」を導入。

​インクジェットプリントと水性プリントの生産能力が飛躍的に向上。

大量ロットにも対応可能。

《構成》

・roqprint oval evolution P32 XL 

水性シルクプリント対応自動機 プリント台32面 プリントアーム9機 アイロンプレス1機 搭載

 

・roqhybrid H12C6 XL

CMYKにOrangeとBlueを加えた6色インクジェットガーメントプリンター

プリントヘッド:富士フィルムDimatix StarFire SG1024 x 12個搭載

・roqdry eco 14400 XL

​フラッシュ式スポット乾燥機 9台

・コンベア式ガス温風乾燥機 1台